精油を採取する方法「水蒸気蒸留法」とは
0

    JUGEMテーマ:アロマテラピー

     

    こんにちは。

    APOTHECA Holistic Schoolの吉川です。

    本日は精油の採取方法の一つである「水蒸気蒸留法」についてご紹介します。

     

    精油を採取する方法には、圧搾法、水蒸気蒸留法、溶剤抽出法などがあります。

    中でも最も多く使われる方法は、「水蒸気蒸留法」です。

     

    工業的に精油を得るには、大きな装置を使用して水蒸気蒸留が行われていますが、

    家庭用やアロマ教室での実習に小型の蒸留器も市販されるようになりました。

     

     

    当スクールにも、こちらの『Pure Stilller Mini』『Pure Stiller Lite』

    の2つを導入しましたが、これらの機器で実施できるのが、

    ウォーターディスティレーション、ウォータースチームディスティレーションになります。

     

    ウォーターディスティレーション:ハイドロ蒸留、煮出し蒸留ともいいます。

    植物が水に浸かった状態で加熱を行い、水を沸騰させます。

    水蒸気とともに揮発した精油は、冷却されて、オイルセパレーターで水と精油に分離します。

    植物全体に熱湯が行きわたるため、効率よく精油を蒸留できます。

    バラの花びらなど蒸気が通りにくいものや高価な精油の抽出に使用されます。

     

     

    柑橘の果皮をウォーターディスティレーション(ハイドロ蒸留、煮出し蒸留)しているところです。

    果皮と水が混ざった状態で加熱しています。

     

    柑橘系の精油は圧搾法で採取することが多いですが、水蒸気蒸留法でも採取できます。

    *詳しくは、柑橘果皮の水蒸気蒸留結果 の記事をご覧ください。

     

    ウォータースチームディスティレーション

    釜の下部に網を置き、網の上に植物、網の下に水をいれます。

    水の部分を加熱して沸騰させ、蒸気を植物の間に通します。

    水蒸気とともに揮発した精油は、冷却されて、オイルセパレーターで水と精油に分離します。

    最も一般的な方法として精油の製造に利用されている方法です。

    蒸気が通りやすいハーブ類の蒸留に使用されます。

     

     

    ティートゥリーをウォータースチームディスティレーションしています。

    *各種ハーブの蒸留について、詳しくは、 ハーブの水蒸気蒸留結果 の記事をご覧ください。

     

    さらに、水蒸気を発生する部分が別になった スチームディスティレーション

    オイルセパレーターで分離した水層部分を蒸留釜に戻す コーホベーション

    という方法もあります。

    それぞれの方法から精油の特性に合わせて、適した方法を選択します。

    posted by: 吉川 晶子 | 水蒸気蒸留 | 10:00 | comments(0) | - |