ハーブの水蒸気蒸留結果◆淵蹇璽坤泪蝓次▲璽薀縫Ε燹▲撻僉璽潺鵐函
0

    JUGEMテーマ:アロマテラピー

     

    こんにちは。

    APOTHECA Holistic Schoolの吉川です。

     

    本日もハーブの蒸留結果の続きをご紹介します。

    今回ご紹介するのは、

    ローズマリー(フレッシュ、ドライ)

    ゼラニウム(フレッシュ)

    ペパーミント(フレッシュ、ドライ)

    になります。

     

     

    1.ローズマリー(フレッシュ、ドライ)

     

    ローズマリーはハーブティとしても使用されるので、ドライハーブは手軽に入手可能です。

    フレッシュはベランダで栽培中のものから採取しました。

     

     

    ローズマリーはRosmarinus Officinalisという学名で知られますが、

    成分構成によって分類されています。

     

    ローズマリー・ベルべノン

    ローズマリー・シネオール

    ローズマリー・カンファー

     

    いずれも学名は同じですが、成分構成が異なり、ケモタイプと呼ばれます。

     

    ハーブティとして飲用できるオーガニックのドライハーブを蒸留してみたところ、香りはベルべノンかな?といった感じ。

    成分を分析しないと分かりませんが、シネオールのスーとする感じは控えめで柔らかな良い香りでした。

     

     

    フレッシュの蒸留もとても良い香りでした。

    精油の採取量はドライハーブよりもかなり少なくなります。

    精油は室温で一部結晶化しておりましたので、カンファーが多いのかな??

    たくさん採取出来たら、成分分析もしてみたいと思っています。

     

     

    2.ゼラニウム(ローズ・ゼラニウム)フレッシュ

     

    ゼラニウムは、バラの香りがすることから、ローズ・ゼラニウムとも呼ばれます。

    学名 Pelargonium x asperum を使用します。

     

    こちらも我が家のベランダで栽培中です。

    ゼラニウムは生命力が強く切っても切っても育ってきますし、挿し木でどんどん増えます。

    我が家の鉢植えもかなり茂ってきたので、剪定をして、葉っぱの部分を蒸留しました。

    ゼラニウムは緑の葉っぱを使用しますが、葉っぱからお花のような甘い香りがします。

    ゲラニオールという成分は、バラにも含まれる成分ですので、希少なローズの精油の代用としても使われます。

     

     

    葉っぱからこんなにいい香りがするのですが、

    意外にもゼラニウムは精油率が低く0.1%程度。

    200gの葉から、精油はわずかに数滴分でした。

     

    ゲラニオールはアルコール類に属する成分で比較的水にも溶けやすいため、

    芳香蒸留水として、とても香り高い蒸留水が採取できました!

    美肌効果が高いので化粧水にぴったりですね。

     

     

    3.ペパーミント(フレッシュ、ドライ)

     

    ペパーミントもハーブティとしてよく使われますので、ドライハーブを入手し、水蒸気蒸留をしてみました。

    結果は、メントールの爽やかな香りが少なめで、緑(草)っぽさが強めのミントの香りが採れました。

    メントールは揮発性が高いので、ドライにする過程でかなり揮発してしまったのでしょうか。

     

    後日、フレッシュのペパーミントを入手し、蒸留してみました。

     

     

    とても素晴らしい香りの精油が採れました!

    といっても、まとまった量を採油するには、かなりの量のフレッシュミントが必要なので、

    こちらも、栽培するのが良さそうです。

    ローズマリーは、ドライとフレッシュであまり差はありませんでしたが、ペパーミントは断然フレッシュが良いようです。

     

     

     

    posted by: 吉川 晶子 | 水蒸気蒸留 | 10:00 | comments(0) | - |